FC2ブログ
私、パリ旅行前に、パリにもブックオフがあることを知ってしまいました
そして、今回のパリ旅行でやってみたいことランキングに見事ランクインしてしまったのがコレ

『パリのブックオフで本を売ってみるっ

持って行きましたよ、パリまで。。。

一番の注目株は、ジャンプ最新号

日本で月曜日発売のものを、パリ現地火曜日に持ち込んでみました
旅行で一緒だったG氏にもらったんですけどね、、、
うちのだんな様は、私がスーツケースに詰めた最大のネタ『ジャンプ最新号』を、知らない間に重いからって抜き取っていたんですっ

『君は一体、何のために毎週ジャンプを買っているんだっ
いつも重い思いをして資源ゴミに出してるのは私なんだぞぉおおおおおおおっ


まあ、叱っておきました、、、ジャンプにはゴミ出しの恨みがあるんです、私。。。

↓は、ホテルのベッドに並べた、今回のネタです

080905_02.jpg


ブックオフのパリ支店は、オペラ・ガルニエの近くにあります。
ショップカラーもパリ仕様
以前は、日本と同じカラーだったみたいですけど、規制がかかったんでしょうね、変更したみたいです。
パリは、区ごとなのか、街路ごとなのか分かりませんが、ショップのカラーにも規制があるみたいです。
マクドナルドも、場所によってはローズカラーだったり、お馴染みのレッド&イエローだったりしました。

080905_01.jpg

お店に入ると、日本語ぺらぺらなフランス人の店員さん(男性)が。。

(この人、アニメお宅だったりするのかなぁ~~。。。)とついつい勝手にあれこれ詮索

『本を売りたいんですけどぉ』と言うと

『ありがとうございます、身分証はお持ちですか?』とフランス人さん。

身分証を確認すると、
『申し訳けないんですが、雑誌の買取りはしておりません』とフランス人さん。

あああああああ、ジャンプ最新号ががががっがっ!!

『じゃあ、処分してもらえますか?(泣)』と私。

『わかりました(ニヤリ)』とフランス人さん。

ニヤリって何っ!?

確かにニヤリってしたあぁぁぁぁああああっ!

そして、『怪物王女(1巻~4巻)』の4冊は、各1ユーロで買取ってもらえ、合計4ユーロ。
日本円にして680円程度。
単行本は、日本より高く買い取ってもらえた

でも、帰り際、私は見逃さなかったっ!

ジャンプの最新号が、レジの後ろの棚の上部に置かれていたっ!!

パリ支店の社員教育も日本のブックオフと同じなんですね・・・

※ちなみに、古いアニメージュとか15ユーロとかで売ってました。。。
 買取はいくらなんだろう。。。



自宅でプリザーブドフラワーの教室をしています。
詳しくはHPをチェックしてくださいね

ランキングに参加しています。ポチってくれたらHappyデス*^^*
フラワーアレンジメントナビゲーターblogランキングにほんブログ村 花ブログ プリザーブドフラワーへ



スポンサーサイト



今回のパリ旅行で、ひそかに楽しみにしていたこと。
それは、『パリの恋人』のロケ地

旅行ガイドブックには『アメリ』なんかのロケ地が載ってたりしますが、、、
特にカフェ・ムーランルージュは必ず載ってますよネ。

私は、フランス映画の感性があまりよろしくないようで、、、
『アメリ』見た記憶あるんですけどね、内容全く覚えてないくらい心に残ってないんです

そんな私は、パリといえば『パリの恋人』
オードリーじゃなくて、韓国ドラマのカン・テヨンとハン・ギジュ
カン・テヨンがいつも自転車で通りすがりにコイン投げる噴水だけは見ておきたいっ

どっかに資料はないものかと、検索していたら、とっても親切なこちらのサイトに出会いました
http://www.geocities.jp/badtzjulie5/par.html
プリントしてパリに持参したのは言うまでもありません
1日で見て回ったわけではなく、他の観光とからめて3日にわけて行きました。

★噴水
パンテオンの正面に向かって右の道路をテクテクと歩いていくと、すぐに「シャバシャバ」という音が聞こえてきます。
そう、噴水の音なんですね。
小さな小さな公園があって、すぐに見つけられました
噴水の周りにはいくつかのベンチがあって、どのベンチも木陰になっています。
老夫婦が仲良くおしゃべりしてたり、女性がひとり読書をしていたり・・・。
080904_01.jpg

ここで、カン・テヨンのようにコインが投げたかったんです。
でも。。。。。
080904_02.jpg

ドラマではコインがいっぱいあったのに、噴水のどこを見てもコインなんて見当たりません
こっそり、日本の硬貨を投げいれてきちゃいました
カン・テヨンのように「お金持ちになれますように。お金持ちになれないんだったら、せめてお金持ちの男性と出会えますように・・。」とは、既婚者である私は願えないので、
「宝くじがあたりますように・・。」と願ってきました

★リュクサンブール公園
ここは、噴水から歩いて15分くらい。
『パリの恋人』のタイトルバックに流れる場所です
公園にたどり着いたものの、どこだろ?どこだろ?と歩き進んでいくと目の前にこの風景が広がりました^^
080904_03.jpg

★サクレクール寺院
ここもタイトルバックで、カン・テヨンが自転車で横切る場所。
人がいっぱい・・・。
不思議なことに、パンテオンもサクレクール寺院も日本人観光客がほとんどいなかったです。
080904_04.jpg

★カン・テヨンのアパルトマン
サクレクール寺院のすぐ近く。「モンマルトル博物館」の隣にあるからすぐ見つかる。
つたがモリモリ絡まって、雰囲気がある。
ん~~、ロケ地って誰がどうやって見つけるんだろう
こんな話を、レッスン中に生徒さんと話してたら、ちょうどその生徒さんは某TV局のメイクさんをしている方で、なんでも、海外ロケのときは、ちゃんと現地コーディネーターがいてその人がいろいろロケ地を提案してくれるそう・・。なるほど、納得
080904_05.jpg
080904_06.jpg

テヨンの家の前の坂道は、こんな観光用の乗り物が通ります。
080904_07.jpg

★ヤンミのアパルトマン
すごい発見でしたっ。なんと、テヨンとヤンミは、ロケ地上でもすぐ近所でしたっ

080904_08.jpg
080904_09.jpg

ヤンミのアパルトマンのすぐ上の階段から見た風景は素敵でした
080904_10.jpg

★アレクサンドル3世橋
テヨンがバイオリンを弾く楽師の前で立ち止まり、演奏やコメントを録音していた場所。
故障した自転車を直してくれたスヒョクとの最初に出会ったのもこの橋でした
最終回、キジュがひとりでサンドイッチを食べているのもこの橋のたもとだったそうです。
オルセー美術館を出て、セーヌ河のほとりを散歩しながら歩いていきました。
アレクサンドル3世橋はセーヌ河にあかる橋の中で一番豪華な橋だそうで、
また橋の上からはとても見晴らしがいいので、みんな記念撮影してました
080904_11.jpg
080904_12.jpg

橋の反対側からは、エッフェル塔が見えました
080904_13.jpg


『パリ恋』のロケ地、全て巡ったわけではないですが、ほぼ行きたいところは制覇した感じです
もう1回、ドラマが見たくなりましたが、ギャオネクストでは放映期間終了になっちゃったんですよね

先月のパリ旅行で、パリ在住フローリストの斎藤由美さんのレッスンを受けてきました
斎藤由美さんは、ホテルリッツのフラワー装飾をも手がける方で、『二度目のパリ』の著者でもあります

私は、申し訳ないことに斎藤由美さんの存在を知らなかったんです
せっかく花の都パリに行くなら、お花のレッスンを受けてきたいなぁ~~とぼんやり考えていたんです。
7月、せっせと検索したら、いくつかのフラワー専門校でワンディレッスンを開催していました。
が、、、、私の旅行日程である、8月11日~19日は、バカンスでどこも休校・・。
個人のフラワー教室もクローズ・・。
そして、斎藤由美さんの存在を知ることになったのでした。

メールで問い合わせしたところ、快く引き受けてくださって、『斎藤由美スタイル』のブーケレッスンを
受けてくることができました

レッスンを受けたのは、3日目の8月13日16時。
場所は、由美さんのお友達のアパルトマンのテラスでした。
お友達は、F1レーサーのマネージャーをしているとかで、いつも留守なんだそうです。
で、留守中のテラスを借りてのレッスンをしているそうです。
パリのアパルトマンの内部の様子が垣間見れて、ちょっと楽しかったです

↓テラスから眺めた写真です。
080903_02.jpg

↓レッスンの花材です
ちょうど一緒にレッスンを受けたNさんの花材も一緒なのですごいボリュームです。
080903_03.jpg

私が受けたのは、体験レッスンのブーケ。
お花の顔を内側に向けて丸を作ったら、サイドはお花の顔を横に向けるようにしてどんどん埋めていきます。
そうすると、自然でなんとも愛らしいブーケになりました。
上からだけじゃなくて、横から見てもお花がいっぱいで見ていて飽きないブーケですよね
パリの由美さんスタイルのブーケ、私も気に入りました
そして、持ち手の部分も葉物を下から差し込んで、できあがりは↓の写真の通り。
080903_04.jpg

テラスの一角でもブーケの写真をパシャリ
080903_05.jpg

一緒にレッスンを受けたNさんは、プロコースのブーケを製作。
ものすごいボリュームです
そして、「今、森から摘んできましたぁ!」とばかりに、とっても自然。
自然に見せるプロの技を見れて、とっても得した気分の私でした
080903_06.jpg

ラッピングは、ブラウンでシックに。
ちなみにホテルリッツでは、ブラックのラピングが流行っているらしいです。
080903_07.jpg

最後に、みんなでカフェでお茶をして解散しました
カフェでもブーケをパシャリ
ちなみに、一緒に写っているビールは、由美さんオーダーのビールのカクテルです。
名前なんだっけかな
080903_08.jpg


一緒にレッスンを受けたNさんは、今秋からホテル・リッツでフラワー研修生になるとのことで、
是非、素敵なフローリストになって欲しいです

今回、私が受けたのは体験レッスンで、100ユーロでした。
Nさんの受けたプロコースのブーケレッスンは、170ユーロです。
他にもプロコースのアレンジレッスンがあって、そちらも170ユーロです。

受講当日のレートは、1ユーロ168円程度でした。
ユーロ手強いです、、、、

パリに行く機会があったら、是非、斎藤由美さんのレッスンをオススメします
へんてこりんな質問にも親切に答えていただいて、由美さんのお人柄もとてもよく、
ゆったりとレッスンを受けることができます。

由美さんのインタビュー記事はこちら
パリで由美さんのレッスンを受けたい方はこちら


自宅でプリザーブドフラワーの教室をしています。
詳しくはHPをチェックしてくださいね

ランキングに参加しています。ポチってくれたらHappyデス*^^*
フラワーアレンジメントナビゲーターblogランキングにほんブログ村 花ブログ プリザーブドフラワーへ











2008.09.02 パリ旅行記★パリ到着 
 もう9月なんですね~~
もう先月の出来事になってしまいましたが、8月11日から19日までパリに行って来ました
実をいうと、主人の勤務する会社の社員旅行だったんですけどね
配偶者と子供も無料で行けるということで、私もくっついて行きました

今回の旅行の直前に、主人に借金をしてデジタル一眼レフカメラを購入しまして、、、、
エントリーモデルですけど、、、
ついつい嬉しくて、旅行中に撮った写真が700枚以上。。。。
せっかくなので、今日から少しずつブログに書き残していきたいと思います。

パリの空港で飛行機を降りて、入国ゲートに行く途中、すんごく長~~~い『動く歩道』があってびっくり
日本だと、一定間隔で切れてますよね?
あれって、技術的問題というより、1本だと故障とかメンテナンスで止まってしまったりしたときに全部止まってしまわないようにとかいう、リスク回避の考えが大きいと思うんですけど、、、
『パリって、あくまでもデザイン重視なんだなぁ~~』と、空港で早くも実感。。

↓の写真の『洞穴』みたいなとこ抜けて出国ゲートに向かいます。
ワイン蔵みたいでちょっと素敵
080902_01.jpg

↓空港はドーナツ型していて、真ん中にチューブ状のエスカレーターが。
080902_02.jpg

デザインのアイデアは素敵なんですけど、汚いんですよね、、、、
ガラス部分がきれいであってこそ生きるデザインのような気が。。。
掃除する気がないんなら、汚れが目立たないようなデザインを採用すべきでは??
と思ってしまいました。
空港だけじゃなくて、パリの街って全体的に汚かったです。。。
行く前に、話には聞いていたんですが、実際自分の目で見るとびっくり

ホテルは『ホリデーイン パリ レピュブリック(Holiday Inn Paris-Republique)』
「ホリデーイン」って頭についてるから、しょぼいビジネスホテルをイメージしてたんですが、
外観も『これぞパリのホテル!』って感じで、4つ星ホテルでした
080902_03.jpg

↓お部屋はこんな感じ。
部屋に入って私の第一声。『小さっ!』
後で聞いたら、パリのホテルのお部屋って小さめなんですって。。。
うっかり写真に撮ってこなかったんですが、バスルームは大理石でプチゴージャスでした
080902_04.jpg

朝食は、ビュッフェ形式で、2種類のカマンベールチーズを含めて数種類のチーズ、
ハムもハーブ入りのものも含めて数種類。
生野菜のサラダ、フランスパンも数種類。
スクランブルエッグ、ゆで卵、ベーコン、ウィンナ、ヨーグルトにフルーツ。。
数種類のジュースに、紅茶、コーヒー。
といった感じでした。

このホテルはレピュブリック広場に面していて、メトロのレピュブリク駅がすぐ近くにあって
アクセス良好なホテルでした

ただし、ホテルの部屋からフリーダイヤルに電話したのですが、通話料無料のはずがチェックアウト時に
6ユーロ(1,000円程度)請求されました。
説明を求めると、通話料が無料であっても、『ホテルの電話を使用した』ことに対して1回3ユーロ発生するとのことでした。
ん~~、PBX使用料なんでしょうか。。

さて、ここを拠点に、パリ旅行が始まります (つづく)



自宅でプリザーブドフラワーの教室をしています。
詳しくはHPをチェックしてくださいね

ランキングに参加しています。ポチってくれたらHappyデス*^^*
フラワーアレンジメントナビゲーターblogランキングにほんブログ村 花ブログ プリザーブドフラワーへ










2008.07.28 パリ旅行★行きたいとこ 
今年の夏は、パリに行くことになりました。
スキューバダイビングが大好きな私は、海外旅行といえば、海 海 海!!!
素敵なダイイングポイントのない場所なんて全く興味なしっ!
だったんです・・・
なので、今まで行った海外旅行といえば、サイパン、グアム、フィリピンのアポ島、ネグロス島、モアルボアール、パラオ・・・。
アポ島やネグロス島は大好きなポイントで、今までに3回リピートしてます
ダイビングがお好きな方には、ぜひオススメしたいポイントです
例外といえば、ソウルでしょうか、、、サムギョプサルやらチゲやらの韓国料理が食べたくなって
10回ほど行きました。
ダイビングやソウルを語ると、止まらなくなるのでその話は置いといて・・・

パリ・・・・
フラワーアレンジメントに携わる方は特に何度も行かれているとか・・。
最近特に、「パリのブーケ」「パリのアレンジ」「パリスタイル」とうたっていなければ、集客できないような、、そんな風潮ですよね
まあ、そんな私も今まで何度か「パリ~」と名の付くフラワーアレンジを習いに出かけたりしてますが
「一体、パリのアレンジって何?」・・・それについては、別の機会に書くこととして・・。

パリといったら『ベルばら』
アンドレ、オスカル!! は基本中の基本ですよね。
小学生のころ、NHKで宝塚の公演放送を何度見たことか・・・。
なので、ベルサイユ宮殿は抑えておこう

あとは、世界遺産のモンサンミッシェル

『パリの恋人』みたく、セーヌ河のほとりでサンドイッチも頬ばりたいっ

足が痛くなるほど、美術館をめぐりたいっ

ムーランルージュでフレンチカンカンを観たいっ

バルビゾンの森を散策したいっ

私、何気にミレーやコローといった自然主義のバルビゾン派の画家のファンなんです

あとは~~~

凱旋門やエッフェル塔の展望台に登るっ

有名パティシエのスイーツを食べるっ

行きたいところを並べてみると、、、なんとも凡人・・・

記念に、エッフェル塔の置物や、フランス人形など買った日には、
東京タワーの置物を買ったり、秋葉原で安っぽい日本人形を買ったり、浅草で化繊の安い着物を買う
外人さんと同じことしてることになるんですよね?

こうなったら、今回の旅行のテーマは
『おのぼりさんツアー in パリ』 で行こうっ!っと

SEO対策:プリザーブドフラワー 教室 開花 開き方 ブルーミング ブーケ ウエディング 花嫁 プリフラ フラワー 葛西 東西線 青山 表参道