FC2ブログ
--.--.-- スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 最近ふと、こんなことを考えていました。
なんであんなにも開花の方法を捜し求めていたのだろうか、、、と。

私が使用している開花キット(フェアリーブルーミングパッド)に出会う前までは、どんな方法が一番いいのだろうか・・・と本当にいろんな方法を試していました。

プリザーブドフラワーというとやっぱりバラ。
最近はバラ以外にもいろいろなお花のプリザが出回ってますが、そえでもやっぱりメインはバラでしょう。

プリザに出会ったとき、色も素敵で触感も柔らかく、生きているバラと遜色ない美しさに夢中になりました。
いろいろな教室にレッスンに通い、アレンジを作っているうちに、ある日突然、アレンジが石の固まりのように見えてしまったのです。
最初は「楽しい楽しい」と、それだけだったのですが、だんだん自分の好きなアレンジ、こうしたいというアレンジへの欲が出てきたのだと思います。

活花を習っていた若い頃・・・・。もう20年近く前のことになりますが
先生は、いつも「風が通るように活けなさい」と言っていました。

フラワーアレンジメントを習っていた頃・・・・。
先生は、「隙間を全部埋めてはダメよ~~。さわやかにね~~~。動きを出して~~。」と言っていました。

先月、パリでブーケレッスンをしていただいた斎藤由美さんも「風がそよぐように」というフレーズを使っていました。

そう、生花では、『風』というキーワードが常に出てきてました。
それが、プリザになるととたんに『石』になりがち・・・。

もっと昔を辿ると・・・。
私の実家の庭には、バラが植わってました。
少女コミックなどに「ポプリの作り方」などの別紙の付録がついていて、なんだかとっても素敵なことに思えた私は、庭のバラの花びらでポプリなるものを作ったものでした。
(30年以上も前のことなので、ポプリは今のように売ってませんでした)

話がそれましたが、実家に咲いていたバラは、開花していました(笑)
つぼみもあって、3分咲き、5分咲き、8分咲き、満開・・・。
そう、バラの季節にはいろんな顔が楽しめました。

080917_02.jpg080917_03.jpg

私のバラの原点は幼少の時の記憶が源なんだと感じます。
それに、この歳になるまでのお花の経験がプラスされ、自然にプリザにも自分が心地よいと思うものを求めているのだな・・・、という結論に達しました(笑)

みなさんはいかがですか?

フェアリーブルーミングのレッスンがよく一緒になったHさんは、活花を30年も続けていらっしゃる方で、
もちろん活花の先生をしていらっしゃる方です。

Hさんもやはり、顔が固まったプリザが好きになれず、でも夏場などはプリザでアレンジを頼まれることもあったりで、ずっと悩んでいたそうです。
それが、「フェアリーブルーミング」と出会って、
『ずっと悩んでいたことが一気に解消されました!』とおっしゃっていました。

同じ想いを抱いていた仲間を一人、見つけました。

*********************************************

このアレンジに使用した開花キットはこちら↓
pad03.jpg

このキットにアレンジレッスンがついた『1回完結!開花レッスン』を始めました。
また、キットのみの販売もしております。
このキットはFBC姉妹校、認定校からのみ購入できます。

詳細はこちら>>

*********************************************

自宅でプリザーブドフラワーの教室をしています。
詳しくはHPをチェックしてくださいね

ランキングに参加しています。ポチってくれたらHappyデス*^^*
フラワーアレンジメントナビゲーターblogランキングにほんブログ村 花ブログ プリザーブドフラワーへ






スポンサーサイト

←削除・編集時に使います
Secret ←管理人だけに公開

TrackBackURL
→http://blogcrea.blog50.fc2.com/tb.php/75-1c00b6df
SEO対策:プリザーブドフラワー 教室 開花 開き方 ブルーミング ブーケ ウエディング 花嫁 プリフラ フラワー 葛西 東西線 青山 表参道
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。